和室も数寄屋住宅風に

 

 最近の主流として「1部屋くらいは和室を…」という考えとなっています。

 その1部屋の和室を数寄屋風にしてやれば家全体の雰囲気が今風になります。


 和室をやめて洋室へのリフォームが多いのですが、これを参考にされて洋室→和室にされるほうがこの先の建築のトレンドとなると弊社では考えています。


右の写真はあえて安価な曲がったカリンの木を床柱に採用し、ワンポイントで天井板に網代(あじろ)を使用しています。天井全体に網代を使うと仰々しくなるのでこういった仕様がおススメであります。


左の写真は畳をヘリなしで仕上げたものです。


流行の琉球畳もよいのですが、各業者が当たり前にしていますので、普通サイズの畳をこの写真のように仕上げれば、もっと斬新に仕上がります。色もあえて色あせたイ草の色で仕上げています。


イ草の色も多数のバリエーションがありますのでお問い合わせください。

HOME   ABOUT US   WORKS   COMPANY   ACCESS   CONTACT US 

クラシック エコ

TEL: 06-6329-1223 営業時間: 9時~20時 定休日:日曜/祝日 住所: 大阪市東淀川区管原2-3-26
Copyright(C)2014 CLASSIC ECO.All rights reserved.【掲載記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】